四谷で賃貸物件を借りる際に必要な費用とは?!知っておきたい必要事項!!

四谷で物件をこれから探そうとしている方も、賃貸物件の契約についての一体どの程度の準備金が必要か把握していますか?ここでは、四谷で賃貸物件を借りる際に知っておきたい準備金の基礎知識をお届けします。

四谷で賃貸を借りる際の準備金の基礎知識

四谷 賃貸

安心して不動産の取引をする為には、賃貸物件で知っておきたいポイントが色々あります。ここでは、入居物件の賃貸借契約を結んで実際に入居する際に、必要な準備金ついてみていきたいと思います。

敷金・礼金

・敷金
敷金とは、賃貸物件を契約する際に家主に預ける保証金になります。地域によっては、敷金の事を保証金と言う所もあります。基本的に敷金は、自分が借りる物件の家賃1ヶ月~3ヶ月分程度のお金を預けるのが一般的です。敷金を不動産会社に支払うお金と勘違いをしている人もいますが、契約する際に不動産会社が一時的にお金を預かるだけであり、敷金は全額を家主に預けられます。
家主に預けられた敷金の使い道ですが、家賃を滞納した場合の精算金に当てられたり、退去時の部屋の修繕費用として使われたりしています。こうして契約時に大家さんに預けておいた敷金は、自分が部屋を退去する際に未払い賃料や修繕費用等の金額を差引いた余りのお金が自分に返還される仕組みになっています。
・礼金
礼金とは、賃貸物件を契約する際に家主に謝礼金として支払うお金です。基本的に礼金は、自分が借りる物件の家賃1ヶ月分~2ヶ月分程度を支払うのが一般的です。礼金は敷金とは異なり、自分が物件をわずか3ヶ月で退去したとしても礼金は返還されません。大体、関東圏の賃貸物件における敷金の相場価格の平均は家賃1ヶ月~2ヶ月分がメジャーです。

仲介手数料

仲介手数料とは、賃貸物件を自分に紹介してくれた不動産会社に対して支払う手数料です。基本的に仲介手数料は、自分が借りる物件の家賃1ヶ月分が主流ですが、これは法律でも家賃1ヶ月を支払う事が決められているからです。しかし、借主側が仲介手数料1ヶ月分を全て支払う事は法律で定められている訳ではないので、借主と貸主が0.5ヶ月分ずつ支払う形であっても問題ないのです。
不動産会社では、この仲介手数料が主な収入源になっているので、仲介手数料の値引き交渉する事は非常に難しくお勧めできません。準備金を抑えたい場合は、仲介手数料の値引き交渉をするよりも、礼金を0.5ヶ月分値引き交渉する方が交渉の成功率も高いと言えます。

前家賃・日割予算

・前家賃
前家賃とは、賃貸契約した月の翌月分の家賃を契約した際に、前以て支払っておく事です。例えば、自分が4月15日に不動産会社と賃貸契約した場合、5月分の家賃が前家賃になります。しかし、契約した賃貸物件がフリーレント物件である場合には、前家賃を支払う必要はありません。
・日割予算
日割家賃とは、賃貸契約した当月分の家賃を日割り計算し、残っている日数分を支払う事です。例えば、自分が4月15日に不動産会社と賃貸契約した場合、入居以降の15日分の家賃を日割計算された金額を4月の賃料として納める事になります。

前家賃・日割予算の仕組み

例えば、家賃が10万円の賃貸物件を4月15日に契約した場合、16日から入居するとなると残りの日数は15日間になります。そうすると、100,000円÷30日=3,333.33円/1日となり、3,333.33円×15日間=50,000円が日割予算となります。
また、基本的に賃貸物件の家賃は前払い制となっています。例えば、家賃の支払い日が毎月25日の場合、5月分の家賃は4月25日に支払う事になります。なので、5月15日に部屋を退去する際には、日割家賃計算されて残りの16日が借主に返還されます。
引っ越しをするとなると、それなりに引っ越し費用がかかります。なので、初期費用をなるべく少しでも抑えたいと思っている人も多いです。初期費用負担軽減のコツとしては、月末等に賃貸契約をすると、日割り家賃を少なく金額に抑える事ができます。

手付金

手付金とは、自分が賃貸契約するまでに気に入った物件を不動産会社に押さえてもらう為に支払うお金です。大体、手付金の相場価格は10,000円~、或いは、自分が気になる物件の家賃1ヶ月分位が一般的です。基本的には、手付金は入居申込みの際に同時に支払う場合が多くなっています。もちろん、押さえておいた物件を契約する際には、手付金として支払っていたお金は初期費用の一部に当てられます。しかし、賃貸物件は手付金の習慣が特にないので、不動産会社によっては賃貸物件の手付金のサービスを行っていない所もあります。
また、手付金を支払ったからと言って正式な賃貸契約をした訳ではないので、自由にキャンセルする事が可能です。基本的に賃貸物件に関しては手付金を全額返還される事が殆どなのですが、不動産会社によってそのルールは色々異なるので、手付の申込みをする際にしっかりその辺のルールについて確認しておく事がポイントです。

火災保険

火災保険とは、賃貸契約をする際に必ず加入する保険です。これは、建物全体の火災保険でなく、借主が原因で住宅火災が発生してしまった時の保険になります。賃貸の火災保険には、火災の時以外にも様々なケースで保険適用される事もあります。例えば、お風呂の水漏れで下の階の人に被害が出た場合にも適用されたり、泥棒被害も保険対象になったり、色々保険が使えます。
火災保険の料金に関しては各保険会社で異なり、入居する建物の構造や広さによっても金額は変わってきます。しかし、一般的な火災保険の相場価格としては、鉄筋コンクリート造の1Rマンションの2年契約で約10,000円~15,000円程度となっています。基本的、木造より鉄筋コンクリート造のマンションの方が安く価格が設定されています。また、保険の契約年数も1年や2年等、契約期間を選ぶ事ができます。大体、火災保険は1年や2年契約なのですが、保険の契約満了時には保険会社から事前に保険更新のお知らせが届きます。

管理費・共益費

管理費・共益費とは、毎月の家賃とは別に毎月支払う必要のある費用です。例えば、家賃100,000円と記載されている他に、管理費または共益費9,000円等と家賃とは別の金額が定められています。主に、管理費・共益費というのは、建物を維持して管理していく為の費用として使用されるお金になります。
賃貸物件で暮らす住居者が共同で使用するエレベーター、ゴミステーション、エントランスの照明交換費、通路や玄関の清掃費用として使用されています。共同で使うエレベーターと言うのは思っている以上に管理費が掛かり、毎月のメンテナンスを行うだけでも数万円の高額費用がかかります。また、ゴミステーションを民間収集業者に委託している賃貸物件では、毎月結構な維持費用を支払っています。管理費・共益費と言うのは、住居者全員が安心安全に設備を利用する事ができる為に必要な費用で、毎月建物の設備維持に有効的に使用される費用です。

このように…

一人暮らしを始める時、家族で住まいを見つける時には、まず始めに住む部屋を探しますと思います。その際には、賃貸マンションやアパート等を借りる事になると思いますが、いきなり不動産会社に行って賃貸契約をしようとしても、やはりある程度賃貸する際の知識を理解していなければ、アタフタしてしまいます。一般的な賃貸物件の契約を行う際には、契約までの流れや必要な準備金等は、経験しないと分からない事も多いものです。契約時に必要な事柄を確認して、自分の納得のいく賃貸物件を探しましょう。